So-net無料ブログ作成
検索選択

車掌キセル、聞き取り調査は本人のみ…相模鉄道(読売新聞)

 相模鉄道(横浜市西区)の元車掌の男性(28)(16日付で懲戒解雇)がキセル乗車を2年半にわたり繰り返していた問題で、相鉄は16日、横浜市内で記者会見を開き、「(磁気定期券の不正乗車防止システム解除に)関与した駅係員が誰なのか、今も分からない」と内部調査の甘さを明かした。

 聞き取りは元車掌本人しか行っていないという。不正が放置されてきた理由については「内部告発がなかった」とし、チェック体制の甘さも露呈した。

 記者会見で、桜木政司郎・常務取締役らは「多大なご迷惑をおかけした」と深々と頭を下げた。

 内部調査では、元車掌は、2007年10月から5回、別々の後輩の駅係員に依頼し、定期券の同システムを解除した。今年3月12日未明、相鉄湘南台駅で泊まり勤務中に、駅務機器を勝手に使用しているところを同駅係員に見付かり、今回の問題が発覚した。ごまかしたのは都営地下鉄と東急の運賃計11万6000円分だったという。

 また、元車掌は、相鉄には、都営地下鉄志村坂上(東京板橋区)―JR横浜間の通勤定期を申請していたが、実際には、途中の志村坂上―泉岳寺間しか購入しておらず、不正に通勤手当14万7000円を受給していたという。

 相鉄では、社員には定期券を購入する際、申請している乗車区間を購入したかを上司に報告する義務があったが、元車掌は伝えていなかった。上司が求めていれば、問題が早期にわかった可能性もあった。

 同社は今後、駅務機器を使用する際、駅係員が使用状況を上司に必ず報告し、報告内容と同機器の記録を照合することで、再発を防止するとした。

 相鉄は16日午前、国交省関東運輸局(横浜市中区)を訪れ、今回の問題を報告した。同局は再発防止策の提出を求め、必要に応じて行政指導を検討するとしている。

あしなが募金に理解を 高校無償化… 育英会が影響懸念 (産経新聞)
第1類の取扱品目数、増やした薬局が32%(医療介護CBニュース)
「メール下さい」のノエビア元副社長、初公判(読売新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
【十字路】静岡で新茶初取引(産経新聞)

<熟議カケアイ>教師と保護者ネット上で議論 文科省が開設(毎日新聞)

 文部科学省は17日、教育関係者による議論を政策形成に生かすため、会員制ウェブサイト「熟議カケアイ」を同省ホームページに開設した。教職員や保護者らがネット上で掛け合いの議論をし、熟慮しようというもので、同省によると、政府内では初の試みという。サイト上の議論は政務三役が受け止め、有識者らで作る中央教育審議会などの答申と両輪の形で政策決定を行いたいとしている。

 サイトは24時間運営で、掲示板に意見が掲載される。会員以外も閲覧は可能。同省側からの情報も掲載、民間人の司会進行役が議論の整理、円滑化を行う。「責任ある発言」を求めるため、住所や名前などを登録制とした。ネット意見掲載時は匿名も可。まず、教員の資質向上などに関し5月末まで議論をしてもらう。

 17日は、「熟議」の皮切りとして、同省講堂で教師や学生ら約120人が参加してシンポジウムが行われ、動画サイトで生中継した。

<首長新党>18日旗揚げ 杉並区長が代表に(毎日新聞)
懲罰委員長に浅野氏内定=自民(時事通信)
社会医療法人、94法人に(医療介護CBニュース)
鴻臚館跡事務所火災 連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
<メトロ千代田線>電車動かず 一時不通 5100人影響(毎日新聞)

<死体遺棄>竹林から男性の白骨 川崎(毎日新聞)

 川崎市高津区千年(ちとせ)の竹林で成人男性とみられる白骨遺体が見つかり、自殺や病死の可能性が低いとして神奈川県警高津署は19日、死体遺棄事件として捜査する方針を固めた。同日、司法解剖し、詳しい死因を調べる。

 同署によると、16日午後2時すぎ、宮前署の署員がパトロール中、竹林斜面で遺体の頭部を発見、約1メートル離れた場所で胴体などの骨も見つけた。骨は黒っぽいジャンパーやズボンに覆われ、周辺に刃物類が残っているなど自殺した形跡はないという。死後1〜2年とみられる。

 現場は第3京浜沿いの宮前区、高津区の区境にあり、住宅地に囲まれた地域。【中島和哉】

【関連ニュース
遺体発見:車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野
金沢切断遺体:韓国・済州島出身の女性と断定
スーツケース遺体:逮捕の男「遺体は韓国人」と供述
スーツケース遺体:男が出頭、関与ほのめかす…石川県警
乳児遺体:同じプランターから別の白骨遺体 大阪

<春の高山祭>小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)
民主党、大阪・岡部氏…全3人区に2人擁立(読売新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で−大塚内閣府副大臣(時事通信)
郵便不正公判 団体発起人に懲役1年6月求刑(産経新聞)

「円谷ッター」エイプリル・アワード堂々の1位(産経新聞)

 最も人気を集めたエープリルフールサイトを決める「エイプリルフール・アワード2010」(アジャイルメディア・ネットワーク主催)が行われ、円谷プロダクションの「円谷ッター(ツブッター)」がネット投票の結果、2342票で1位に輝いた。ツイッターのパロディーで、ウルトラ兄弟や怪獣たちによるキャラクターの特性と世相を反映した「つぶやき」の数々が人気を博した。2位はさくらインターネット「とある科学の超電磁砲コラボレーション」(1969票)、3位はGoogleの「Google日本語入力チームからの新しいご提案」(1780票)だった。

【関連記事】
今年もすごいぞ! ネタ合戦、円谷プロから2ちゃんまで
嘘みたいなホントの話…岡部玲子が結婚
「とりあえずビール」製品化、エイプリルフール限定で販売
女王が格安航空利用?英紙がうそ記事のオンパレード
パスワード入力の「****」は不要? 研究者も賛否両論

「たちあがれ日本」の青春宣言!与謝野氏、詩を朗読「ファイナルファンタジーだ」(スポーツ報知)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)
<掘り出しニュース>カメ甲羅干し…前へ〜ならえ(毎日新聞)
石原知事、参院選出馬「ありません。あり得ません」(産経新聞)
<河村名古屋市長>応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)

<普天間移設>岡田外相、現行案を除外…米国防長官への説明(毎日新聞)

 岡田克也外相がゲーツ米国防長官と3月29日にワシントンで会談した際、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について、日米が合意しているキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)とする現行計画を政府案の検討対象から外して説明していたことが1日、分かった。ゲーツ長官は日本側から現行計画の説明がなかったことに怒り、岡田氏は「現行案の実現は厳しい」と説明したという。日米外交関係者が明らかにした。

 現行計画を巡っては鳩山由紀夫首相や北沢俊美防衛相が除外する姿勢を示す一方、岡田氏は米側への配慮から排除しない姿勢だった。米側との交渉本格化に伴い、現行計画は困難とする日本側の立場をより明確にしたといえる。

 岡田氏が会談で説明したのは、キャンプ・シュワブ陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合の移設先2案に、普天間の基地機能の県外への分散移転を組み合わせる案。会談ではゲーツ長官の不満に対し岡田氏は「他の案もぜひ検討してほしい」と要請した。関係者によると、岡田氏が訪米に先立つ3月26日にルース駐日米大使と会談した際は、現行案も検討対象として説明していたという。【野口武則】

【関連ニュース
普天間移設:仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で
普天間:「必ず成果を上げる」強調も具体性欠く 鳩山首相
普天間:「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相
普天間移設:「沖合案」撤回申し入れ 社民と国民新
普天間移設:米国防長官「海兵隊は沖縄にいる必要がある」

<北海道厚沢部の車両火災>子供乗る後部シート付近で出火か(毎日新聞)
大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
遮断棒折れ 阪和線遅れる(産経新聞)
AKB48 今度は偽造握手券 警視庁、詐欺容疑など視野に捜査(産経新聞)
<雑記帳>慶大SFCが設立20周年の記念式典(毎日新聞)

生方氏、地元で小沢氏批判「説明責任果たしていない」(スポーツ報知)

 民主党の生方幸夫副幹事長(62)が28日、千葉県松戸市内で講演を行い、政治資金問題を抱える小沢一郎幹事長(67)への批判を約2時間にわたってぶちまけた。

 「解任騒動」後、初となる選挙区での定例講演には普段の約3倍となる100人以上の支持者が集結。生方氏は「小沢さんが国民に説明責任を果たしていないという考えはブレない」と、小沢氏の進退問題を含めた責任追及の姿勢を貫いた。民主党の支持率低下の要因について、小沢氏らの政治資金問題を強調。生方氏は「3人も秘書が起訴されてる方ではなく、私が処分されるのはおかしいょ」と語気を強めた。

 70代男性は「議員が何も言えない民主党で、口火を切った生方先生は獅子です」と称賛。参加者から大拍手を浴びた。

 党執行部批判を理由に辞任を要求された18日から10日間で、テレビやラジオで計20番組以上に出演。この日もフジテレビの報道番組で「(小沢氏が説明責任を果たすには)国会以外にない」とし、国民の理解が得られない場合は「上に立つ者として身の処し方がある」と辞任を求めた。

 騒動直後、生方氏のホームページには2000件以上のメールが殺到。9割以上が「よくやった」「がんばれ」と称賛の声だった。通常は日に10件ほどだが、23日の解任撤回後も増え続け、現在は計約4000件に上るという。なかには、副幹事長続投に対し「お前みたいなやつは党から出てけ」と厳しい意見もあった。

 続投が決まり「今後は党内でどんどん言っていく」と意気込む生方氏。29日の正副幹事長会議では「もう主張はしたから、他の副幹事長の出方を見極めたい」と静観する構えだ。

 【関連記事】
小沢幹事長が前原氏らをけん制…「閣僚は国務に専念を」
出馬辞退の前田日明氏「話が違う」民主党に激怒
小沢氏剛腕なまった!?世論反発で生方副幹事長「続投」
民主党が生方氏解任を撤回

<窃盗未遂>衣類盗もうとした疑い…警視庁警部補を逮捕(毎日新聞)
民主が2次公認候補…小沢氏主導2人区に反発も(読売新聞)
普天間移設 「腹案」渦巻く不満 沖縄県知事「絵が見えない」 閣僚も混乱(産経新聞)
たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)
岩手で住宅全焼、焼け跡から3遺体(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。